WEB版GRANJAPON PRESS~7月1日号~

 

グランジャポンスタッフがスペインにまつわるあれこれをお伝えするコラムコーナー。
テ・コンミエルを飲みながらのリラックスタイムのお供にいかがでしょう?

これまでのストーリーはこちらをご覧下さい。

 

グランジャポンストーリー~ Vol.6

 

外回り営業をやめ、ウェブサイトに商品への想いや届けたい空気感を入れ始めると、
少しずつネットショップにご注文が入り始めました。
1週間に1件のご注文だったのが、3日に1件、そして1日に1件、1日複数件・・・と。

 

そうすると、今までほとんど鳴らなかった電話も鳴り始めました。
電話の相手は、エステティックサロン、ベビーマッサージ学校、お花屋さん。
施術の後のおもてなしティーとして、ママたちの癒しの一杯として、
お花を買いに来たお客様のセットギフトとして。
ちょっとぜいたくしたい時に、自分へのご褒美に、お友達のお家への手土産に・・・
まさにテ・コンミエルがそんな風にお届け出来たらな、という売れ方をし始めました。
みんなが知っている物を買って贈る「安心」から、
みんなが知らないものを贈り「みんな知ってる?こういうのあるんだよ~」という「付加価値・贅沢」。
時代の変化も追い風になりました。

 

そして、たまたまどこかで飲んで下さったという何人かの芸能人の方が、
ご自身のブログにテ・コンミエルを記事にして下さったことで、
爆発的に注文が入ることも出てきて、認知度が飛躍的に上がってきました。

 

つづく