WEB版GRANJAPON PRESS~9月1日号~

 

グランジャポンスタッフがスペインにまつわるあれこれをお伝えするコラムコーナー。
テ・コンミエルを飲みながらのリラックスタイムのお供にいかがでしょう?

Nahoのスペイン語レッスン Vol.7

¡Hola! みなさま、こんにちは!
すっかり秋めいてきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

勉学の秋、と言えども本腰を入れて勉強をする時間はなかなか取れませんよね。
そんな時には音楽を聴いてよりナチュラルな言い回しを学び、
発音にも注意しながら口ずさんでみてはいかがでしょう。

私はスペインの音楽が好きで日頃からインターネットでリサーチしていますが
最近はなんと1960年代のイエイエ(Yeyé)まで遡ってしまいました。
60年代のスペインと言えばフランコ政権のまっただ中。
テレビシリーズ「Cuéntame」でも バルで一杯飲みながら語り合っているのは男性ばかり。
まだまだ女性が自由を謳歌するとはいかなかった時代にイエイエを歌う女性が数多く登場しました。

ところで、スペイン語学習者が避けて通れないのが「接続法」。
この言葉を聞いただけで拒否反応が出てしまう方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今日は接続法が使われているイエイエの曲、「Un Chico Moderno(私の意訳:モダンな彼)」をご紹介します。

「理想の彼」の条件部分に接続法を使っています。
一部抜粋してご紹介しますね。

 

QUIERO UN CHICO MODERNO
モダンな彼氏が欲しいわ

QUE VAYA CONMIGO A TOMAR UN CAFE
一緒にコーヒーを飲みに行ってくれたり

~中略~

QUE VAYA A LA FIESTA NO IMPORTA CON QUIEN
パーティに行ったり 誰と一緒に行こうが構わないから

QUE NO TENGA NOVIA NI QUIERA TENER
彼女なんていなくて 欲しがってもいないような人がいいわ

 

QUE以下はUN CHICO MODERNOにかかっている訳ですが
単語と動詞を置き換えれば いろんなシチュエーションで使えますよね!

 

Un Chico Moderno - Pili y Mili