WEB版GRANJAPON PRESS~11月1日号~

 

グランジャポンスタッフがスペインにまつわるあれこれをお伝えするコラムコーナー。
テ・コンミエルを飲みながらのリラックスタイムのお供にいかがでしょう?

MasaのSpain is different Vol.8

【Tosantos 祭り】

 

昨日、10月31日はハロウィンナイト!
この季節は気候も良く、土曜日の夜ということで都内いたるところで仮装をしている人を見かけますね。
アメリカから日本に伝わり、今ではクリスマスに並ぶくらいの大イベント。
プライベートだけではなく飲食店や商業施設などいたるところでパーティーが開催されますね!

スペインで暮らしていた時は、ハロウィンはそれほど浸透しておらず、話題となるのは10月31日の1日のみだけです。
そして、翌日11月1日の「諸聖人の日」はスペイン全土で祝日であることから、どちらかというと祝日の方がメインになりがちです。
ハロウィンには欠かせない「カボチャ」はスペインではあまり見かけなく、その代わりというのが「栗」です。
そしてこの季節のお祭りではこの「焼き栗」は欠かせません。街中の路面で量り売り。辺りは栗の香ばしい香りが漂います。

 


また、仮装に関して、とても興味深い習慣があるのがスペイン南部、アンダルシアのシェリーで有名なカディス県です。
なんとこの地域では「人」が仮装するのではなく、「動物や物」が仮装するのです。
お祭りの名前は「Fiesta de Tosantos」。

カディスの中央市場で開催され、市場に出店している各お店が売りとしているものを仮装して、競います。
中でも一番人気なのはお肉やさんのお店。本物のブタや鶏が仮装していて、リアリティーが高いです。
もちろん食用の商品で、生きてはいないのでグロテスクな面も見られます・・・





初めは定番の魔女やお化けの仮装だったのが、近年ではこの一年間の話題になった時事をネタにしているところが多いです。
ゴシップ好きのスペイン人にはたまりません。