WEB版GRANJAPON PRESS~2016年3月15日号~

 

グランジャポンスタッフがスペインにまつわるあれこれをお伝えするコラムコーナー。
テ・コンミエルを飲みながらのリラックスタイムのお供にいかがでしょう?

Nahoのスペイン語レッスン Vol.11

¡Hola!  みなさま、こんにちは!
春ももうすぐそこ。いかがお過ごしでしょうか。

先日久しぶりにスペイン映画を観ました。
「僕の戦争」を探して』。
スペインのアカデミー賞とも言われるゴヤ賞作品賞の他主要6部門も受賞し、
2014年ラテンビート映画祭で上映されたものの、結局日本で劇場公開されることはなかったのですが、
今年DVDが出ました。

舞台は1966年のスペイン。
ビートルズの歌詞を用いて子ども達に英語を教えるほどビートルズファンの英語教師アントニオ(ハビエル・カマラ)が
途中訳ありの若い女性ベレンと家出少年フアンホを拾い、共にアルメリアを目指すロードムービー。

特に起伏という起伏はないのですが、アントニオと未来ある二人の若者との関係を描く、
ほっこりした気持ちにさせてくれたこの映画を私はすっかり気に入ってしまい、
anagrama(アナグラム、語句転轍)を購入。

私はどうしてもスペイン語で本を読むのが苦手で、未だ一冊すら読破したことがありません。
ところが……
一度観た映画のアナグラムなので、少々分からない単語があっても読み進められるのです!
あのときこう言ってたんだ、と復習にもなりますし、状況描写もあるので見逃していた点を気付かされたり。
読み終えたらもう一度映画を観ようと思います。

余談ですが、家出少年フアンホ役は、日本劇場公開時弊社がコラボレーションした映画
『ブラックブレッド』(2012年日本公開)で主演したフランセスク・コロメール。
私がグランジャポンを知ったのもこの映画とコラカオだったので、なんだか勝手にご縁も感じてしまいました。

みなさまもお気に入りの映画を見つけて、こんな勉強法を試してみませんか?