SpainTile La*Manita



「SpainTile La*Manita」佐藤朋子

2003年より横浜市青葉区のアトリエにてスペイン製の陶板にスポイトと筆を使って釉薬を絵付けするタイルアートを製作しています。材料は発色のよいスペイン製のものを使い、色の豊富さと鮮やかさが特徴ですが、日本のお家にも合うようなちょっぴりシックな配色を目指しています。デザインはスペインの伝統柄やアトリエのある横浜で身近に見られる花や鳥などをモチーフにしています。

作品施工:鳥栖プレミアムアウトレット、デザイナーズマンション「アネルセン」他店舗・住宅
カルチャースクール講師歴:アトリオあざみ野、東急セミナーBE、よみうり文化センター、セブンカルチャー他
作品展示会歴:2004年「ギャラリー レイオハナ」、2013年「ホワイトガーデン」

→La*Manitaブログはこちらから




 



 

アーティストになったきっかけや動機を教えてください。

「大学在学中にホームステイしたスペインにすっかり魅了され再びの渡西を決意しました。
数年間就職後に長期滞在したバレンシアは装飾タイルと陶器で有名な街。
街のいたるところで見られる美しいタイルに関心が深まり、
縁あってその作り方を学べることになり夢中になりました。」

 

作品作りにおいて大切にしていることは何ですか?

「1枚1枚丁寧に慈しんで作ることです。同じデザイン・色でも1枚として同じ物はありません。
それぞれの作品の表情の違いを楽しんでいただきたいです。」

 

これからどのような作品に挑戦したいですか?

「スペインの伝統柄を大切にしながら、私が大好きな身近な自然や日本の四季を表現するような
オリジナル作品も作っていけたらと思います。」

 

作品を通してお客様に届けたい想いとは?

「1枚あるだけでお家がぱっと明るくなるスペインタイル。
タイルを通して日々の生活に彩りを添えられたらうれしいです。」

 

グランジャポンとのコラボレーションにかける想いや期待をお聞かせください。

バルセロナの香り豊かなテ・コンミエル
スペインタイルの器に注いでスペインの風をより近くに感じていただけたら嬉しいです。

 

 

 

ところでどうしてスペインだったのですか?

「実はたまたま受かった大学がスペイン語学科だったからで、
それまでスペインのことはほとんど知りませんでした。
スペイン語やスペイン文化を勉強しホームステイしたら大好きになりました。」

 

スペイン留学を決意されたきっかけは?

「やはりラテンなところです。
堂々と「人生楽しむ為にしょうがないから働いている」と言えるところがすごいです。」

 

実際スペインに住んでみて驚いたところは?

「本当にお昼になるとお店が閉まってしまうことです。最初は慣れず大変でした。」 

 

おススメのスペイン料理・飲み物は? 

「San Sebastiánのバル街道のピンチョスたち。どの店も何食べても絶品!」

 

では最後に佐藤さんおススメのスペイン旅行スポットを教えてください。

「Camino de Santiago。私は電車&徒歩での旅でしたが、
San Sebastián→Santiago de Compostelaまで途中少し歩きながら一週間かけて旅しました。
途中で立ち寄ったBurgosやLeónのカテドラルも素晴らしかったです。」

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0