オノリオ・ルビオ・アニャーダスCVC [2018]

オノリオ・ルビオ・アニャーダスCVC [2018]

様々なヴィンテージのワインをブレンドして造られる唯一無二の個性の白
ワイン通にこそ飲んでもらいたい

黄金がかった濃いめのイエロー。幾層にも重なり広がる複雑な香りはは、黄桃やあんずのコンフィ。オレンジマーマレード。ポプリ。クミンシードやカルダモンの白いスパイス。漢方、八角、ナツメグとエキゾチックな香り。ヨード。丁子、アニス、バニラ、カラメル。鮮明な力強いアタック。豊かで広がりのある酸。クリーミーな口当たりと、ドライな味わい。数えきれない香りは、焼きたてのレモンシフォンケーキ、バター、ウエハース、マシュマロ、タピオカ、マンゴー、焼いたパイナップルと続く。

11年間のヴィンテージのワインを混ぜて造られる。シェリーのソレラシステムを行い熟成。目減り分は常に補充し、樽は満タンの状態を保つ。

品種:ビウラ100% Alc:13% 年間生産本数:1500本


アニャーダスCVC 2018に93ポイントをつけました Wine Advocate(ワインアドヴォケイト)は、米国の評論家ロバート・パーカー氏が1978年に発刊したワイン専門誌。世界的に影響力があり、100点満点でワインの評価をします。アニャーダスCVC 2018に93ポイントをつけました。

Honorio Rubio(オノリオ・ルビオ)

誰もが辿り着かなかった、リオハの伝統×古の醸造法
リオハ・アルタの南側、高地に位置するコルドヴィン村(標高580〜650m)にあるボデガス・オノリオ・ルビオは、100年以上続く家族経営の伝統をベースに、革新的なスピリットをもってワイン造りを行っている小さなワイナリー。天然酵母。SO2無添加。所有している自社畑15hasは植樹1939〜1970年の古樹。サステーナブル農法。(一部ビオディナミック農法)。この地のヴィウラのエレガンスさは格別。

商品詳細
タイプ
品種名 ビウラ
産地 D.O.Ca.Rioja(リオハ・アルタ)
Alc 13%
土壌 鉄分を含む粘土質
気候 大西洋気候
降水量 540mm/年
海抜 580〜650m
オノリオ・ルビオ・アニャーダスCVC [2018]

販売価格: 7,150円(税込)

※手作り商品につきましては、見本の色味などと全く同じでない場合もございますが、予めご了承下さいませ。
※お近くの方はGranjaponが運営する直営ショップ「GRANJAPON STYLE」でもお買い求めいただけます(送料がかかりません)。