アコード・ブランコ [2014]

アコード・ブランコ [2014]

上質リオハの樽熟白
果実の美味しい部分だけ優しく絞りボトルに詰め込んだ綺麗で旨味豊かな味わい
肉料理、スパイスを使った料理

芳醇な香りは、洋ナシ、熟したリンゴ、柑橘のタッチ。滑らかでみずみずしい味わいに、オークのニュアンスが優しく重なる。口の中で広がる豊かな味わいは複雑さに富む。柔らかいがしっかりとした上品な酸が芯にある。軽やかに心地よい余韻が長く続く。

房丸ごとプレス。ステンレス醗酵後、8か月以上シュールリーを行う。その内夏の3か月間だけ225Lのフレンチオーク新樽にて熟成。

品種:ビウラ80%、ガルナッチャ・ブランカ20% Alc:13.5%


Basilio Izquierdo(バシリオ・イスキエルド)

自社畑は持たず、最良のブドウ栽培農家からブドウを購入。サン・ビセンテ・デ・ラ・ソンシエラとブリオネスの最高の畑から。『私たちはいつも古い畑、中でも理想的に成熟した房のみを探し続けます。一つの畑から、最も品質の優れたたった3列のブドウのみを選んで買い付けるなどということも珍しくありません。』これはリオハでも指折りの生産者と長年の信頼関係を持つバシリオだからこそ出来る方法なのです。

Basilio Izquierdo(バシリオ・イスキエルド)

CVNEの英雄の飽くなき探求心
スペインリオハの時代を造っていった銘醸造家である。ボルドー大学でエノロゴの学位を取得(当時の学友ミシェル・ロランとは今も連絡を取り合う仲)。彼の最初の仕事は1972年エミール・ペイノーとマルケス・デ・リスカルと共に始めた、バルデホの再生プロジェクト。そこでの経験がCVNEの技術監修・調査開発企画責任者としての道を開いた。1974年彼の転機とも言える自社畑プロジェクトCONTINOの設立を経て、実に32年間(1974〜2006年)リオハワインの技術革新における主人公の一人として活躍した。その後、彼自身が本当に造りたいワインを造るべく、リオハ・アラベサにてボデガ・バシリオ・イスキエルドをスタート。

商品詳細
タイプ
品種名 ビウラ80%、ガルナッチャ・ブランカ20%
産地 D.O.Ca.Rioja(リオハ・アラベサ)
Alc 13.5%
土壌 粘土石灰質
気候 大西洋気候
降水量 520mm/年
海抜 580〜610m
アコード・ブランコ [2014]

販売価格: 5,280円(税込)

数量:
※手作り商品につきましては、見本の色味などと全く同じでない場合もございますが、予めご了承下さいませ。
※お近くの方はGranjaponが運営する直営ショップ「GRANJAPON STYLE」でもお買い求めいただけます(送料がかかりません)。